荒川 清秀

名前 荒川 清秀
カナ アラカワ キヨヒデ

プロフィール

1949年兵庫県養父市八鹿町の生まれ。言語形成は大阪北摂地区。愛知大学地域政策学部教授,博士(文学)。1977年に大阪市立大学大学院を修了。専門は日中対照研究,日中共通の漢語の歴史的研究。中国語教育学会会長,中国語学会副会長,理事を歴任。現中国語教育学会代表理事。1990年,1997年,2008年NHKラジオ中国語講座講師,2009年,2010年Eテレ「テレビで中国語」講師。 著書:『近代日中学術用語の形成と伝播』(白帝社1997),『一歩すすんだ中国語文法』(大修館書店2003),『中国語を歩く1・2』(東方書店2009,2014),『体験的中国語の学び方』(同学社2009),『動詞を中心にした中国語文法論集』(白帝社2015),編著『東方中国語辞典』(東方書店2004)ほか。